にんにく卵黄サプリメントの上手な選び方

どのメーカーのにんにく卵黄がいいの?

にんにく卵黄は現在、さまざまなメーカーから販売されているサプリメントです。

 

にんにく卵黄以外のにんにく系の健康食品もかなり出回っているため、「たくさん種類があって、なにが自分にあっているのかわからない!」という方も多いのではないでしょうか。

 

そこで、ここではにんにく卵黄を購入するさいに、どんな選び方をすればいいのかを解説しています。これから購入を考えている方は、ぜひご参考にしてください。

 

にんにく卵黄になにを求めるのか

にんにく卵黄を飲もうとしたとき、どんな目的で飲むのかがわかっていると、選ぶさいの判断基準となります。

 

たとえば、

  • 成分が高いもの
  • ニオイがしないもの
  • サプリメントの形状
  • 女性に嬉しい成分入り
  • 続けやすい値段設定
  • 熟成(黒)にんにくをつかったもの
  • 生産地で決める
  • メーカーのブランドで選ぶ

 

このように、にんにく卵黄に求めるものがわかっていると、商品の特徴をみつけやすく、選びやすいと思います。

 

成分が高いものだと、にんにく卵黄の効果や効能をグンと感じられるようになりますし、女性に嬉しい成分なら美容にいいなど、続けやすい料金設定も大事ですし、自分がよく知っているメーカーのものを選ぶのもいいでしょう。

 

成分が高いものを選ぶ

GSAC(γ-グルタミル-S-アリルシステイン)が多く含まれるにんにく卵黄を選ぶ

各メーカーのにんにく卵黄を選ぶさいは、GSAC(γ-グルタミル-S-アリルシステイン)が多く含まれるにんにく卵黄を基準に選びましょう。

 

GSAC(ジーサック)とは、多種多様なにんにくの成分のなかで、主成分とされるアリシンの元になる物質です。

 

ちまたではたくさんのにんにく系の健康食品がありますが、どの食品にも財団法人日本健康・栄養食品協会から認定されないと、販売することができません。

 

そして、にんにく系の健康食品を販売するさいは、このGSACという規格の基準を設定しているため、このGSACの含有量が多いにんにく卵黄を選びましょう。

 

といってもGSACがどのくらいの量があればいいかなんて、にんにくの専門家でもありませんしわかりませんよね?そこで、にんにく卵黄を購入するときは次で紹介することに注意してください。

 

「にんにく加工食品」か「にんにく含有食品」かを注意深く確認しよう!

にんにく卵黄にどのくらいGSACが入っているかは、にんにく卵黄の名称が、「にんにく加工食品」か「にんにく含有食品」かの表記をみてください。

 

この違いというのは、GSACの含有量が1.5mg以上の場合は「にんにく加工食品」と表記でき、1.5mg未満は「にんにく含有食品」と表記しなければなりません。つまりGSACの含有量が1.4mgまではすべて「にんにく含有食品」です。

 

イメージとしては「にんにく加工食品」だと、にんにくをそのまま使ってつくった食品という感じで、「にんにく含有食品」だと、にんにくの成分や他の成分を入れてつくった食品ですよ!って感じですかね。

 

このGSACの規格成分を注意してみると、実は有名なにんにく卵黄でも1.5mg以上含まれていないサプリメントが多く、表記が「にんにく含有食品」になっているものが少なくないんですよ。

 

にんにくの有効成分であるアリシンの含有量で選べばいいんじゃない?

GSACではなく、にんにくの「キモ」である有効成分のアリシンの含有量が多いものを選べばいいんじゃないの?と思われるかもしれませんが、アリシンを含めたにんにくの他の成分の多くは、揮発性というわかりやすくいうとニオイ成分のため、一定値がありません。

 

蒸発しやすかったり、他の成分とくっついたりと、変化しやすいアリシンはメーカーでも検量が不可能とされています。

 

そのため、ある程度の熱処理や加工をしても数値が安定するGSACに目をつけ、にんにく系の健康食品の判断基準とされています。

 

サプリメントによっては、飲みやすいようにオイルが混ざっているなど、にんにく卵黄本来の成分に加えて他の健康成分を含有している場合があるので、注意しましょう。

 

また、にんにく卵黄の特徴として、にんにくのアリシンと、卵黄のビタミンB1の相乗効果でより有効成分が効率的に摂取できると言われています。

 

アリシン、ビタミンB1双方がバランスよく配合されているかも確認しておくことが大事です。

 

 

ニオイがしないもの

にんにく卵黄は、卵黄のたんぱく質が加わることで、にんにく臭を抑える効果があるのですが、それでもにんにく臭を感じることがあります。

 

そのため、各メーカーではソフトカプセルを研究し、ニオイを感じないように胃で溶けるのではなく、腸で溶けるようにするなど、工夫を凝らしています。

 

にんにく臭が苦手なかたも多いと思いますので、このニオイがしないという点で選ぶのもいいでしょう。

 

サプリメントの飲みやすい形状

飲みやすさに注目したとき、プセルタイプ、丸薬タイプ、粉末タイプなど、サプリメント自体の形状も重要になってきます。

 

やはり、毎日続けるものなのに、飲むことが苦痛になっては仕方がありません。

 

にんにく卵黄のサプリメントには種類がある

今、たくさんのメーカーから様々なタイプのにんにく卵黄サプリメントが発売されています。本来、にんにく卵黄は九州地方の家庭料理として親しまれているものでした。

 

しかし、健康食品としての評価は高かったにもかかわらず、にんにくの独特の臭いのイメージによって、敬遠される存在になり、家庭の食卓から姿を消しつつありました。

 

ですが、近年になって科学的な研究のもと、にんにく卵黄の効能が次々と明らかになってきました。そこで、匂いの気にならないカプセルタイプや、錠剤タイプのにんにく卵黄サプリメントの開発が進められてきたんです。

 

にんにく卵黄のサプリメントはカプセルタイプが主流

現在、にんにく卵黄サプリメントの代表格とされているのが、カプセルタイプのサプリメントです。カプセルには二種類あります。

 

にんにくの粉に卵黄の成分がギュッと吸収されてできた粉末状のにんにく卵黄と、オイルを混ぜたものを詰めたソフトカプセルタイプのサプリメントは、オイルが配合されるため、一粒に含まれるにんにく卵黄成分は全体の約二割から五割になります。

 

オイルの種類も植物由来、動物由来がありますので、アレルギーが心配な方は購入前に確認しておきましょう。ハードタイプのカプセルには、粉末状のにんにく卵黄をそのまま封入できるため、体に取り込むと素早く溶けるのが特徴です。

 

カプセルを使わない、錠剤タイプのにんにく卵黄サプリメントは、成分をそのままに匂いを抑える技術がますます進化しているようです。

 

カプセル、錠剤タイプのサプリメントに比べ、にんにくの匂いは強くなりますが、粉末や顆粒のにんにく卵黄サプリメントもあります。

 

飲みやすさや普段の料理に使えるので、家族でにんにく卵黄を健康生活に取り入れたいと考えている人に人気が高いようです。

 

続けやすい値段設定

毎日続けるものが経済的に負担になってしまうと、継続が困難になるため、無理のない範囲で飲み続けられるようにしましょう。

 

にんにく卵黄は薬のように即効性のあるものではなく、あくまで食品ですから、続けていくことで体質を変えていくことになります。

 

ですから値段価格はしっかりとみましょう。

 

女性に嬉しい成分入り

にんにく卵黄は滋養強壮や疲労回復などに効果があるだけではなく、美容に関しても作用があります。

 

そして、女性に嬉しい成分を含んだにんにく卵黄もあるため、こちらを基準に選んでもいいでしょう。

 

にんにくの生産地で決める?

にんにく卵黄の材料であるにんにくは、その生産量は東北の青森県がダントツの生産量を誇ります。

 

その出荷量は9490トンにも及び、第2位の香川県の624トンという出荷量の10倍以上もの出荷量です。そしてにんにくの種類もいくつかあります。

 

ホワイト六片や福地ホワイトといった寒い地域で育つにんにくは日本でも一番多く栽培されている品種で、にんにく卵黄の原料としてもよく使用されています。

 

また、九州など比較的暖かい地域で作られる、マイルドな味わいの壱州早生や、遠州極早生といった品種もあります。また中国で栽培されるにんにくも輸入されています。

 

たとえば茎にんにくや葉にんにく、一片種などです。にんにくのニオイが少なかったり、調理がしやすいといった特徴があります。

 

にんにくは黒?白?熟成?

また「黒にんにく」や「熟成にんにく」といったにんにくもありますが、これは白いにんにくを高温多湿の環境下のもと3週間から4週間ほど発酵熟成させたもののことを指しています。

 

発酵熟成させたにんにくは色が黒くなり、栄養素も普通の白いにんにくよりもアップし、さらに熟成することでにんにくの糖度が増して、強烈なニオイが抑えられるといった効果が確認されています。

 

その効果は普通のにんにくの10倍もの抗酸化作用やアミノ酸やポリフェノールの含有量もアップします。

 

その結果、老化の原因とされる活性酸素をやっつけることができ、そのおかげでさまざまな病気の予防ができます。

 

またシミやシワにも効果的なので健康促進効果はもちろん、美肌効果も普通のにんにくよりもアップします。

 

せっかくにんにく卵黄を飲み始めるなら生産地やどんなにんにくが使用されているのかを確認してみるといいですね。

 

にんにく卵黄のメーカー選びの注意点

いきなり定期購入をするのはなるべく避ける

効率のいい選び方は、値段が安くなるからという理由で定期購入をするのではなく、まずは通常購入かお試し価格、あるならサンプル商品などで試されることをおすすめします。

 

そこで自分と合っていると感じたら、定期購入に変えていくほうがいいでしょう。また、「初回から定期購入をすると、途中から定期購入をするのと比べて安く始められる」というメーカーのサプリもありますが、それよりも自分に合っているかを見極めることが重要です。

 

飲みやすさやニオイ、使用感などは実際に飲んでみないとわからないことが多く、さらにメーカーのサポート体制も知ることができます。

 

広告や口コミにあおられないこと

メーカーのサプリメントは、通販型の販売方法をとっているものが多く、ただでさえ健康に良いイメージを売りしていたり、インターネット上や新聞、雑誌やCMなどの広告媒体があるため、広告にあおられて商品の詳細やメーカーについて調べて購入する方が少ないようです。

 

また、利用者の口コミを安易に鵜呑みにしてしまい、購入に失敗してしまう方も多いため、慎重に考える必要があります。

 

にんにく卵黄の表示にだまされない

にんにく卵黄は、にんにく卵黄の成分が少しでも含まれていれば、にんにく卵黄のサプリメントとして販売できてしまいます。そのため、にんにく卵黄の表記があったとしても安易に購入するのはおすすめしません。

 

原材料にこだわり、最新の研究結果の反映と、科学的名効果の立証に積極的に取り組んでいる、信頼できるメーカーのものを選びましょう。ちなみに当サイトで紹介しているにんにく卵黄は、信頼できるメーカーのものしかないのでご安心を。

 

まとめ

にんにく卵黄は毎日飲み続けるものですから、売れているからなどの理由で購入しないようにしましょう。

 

管理人おすすめの「健康家族の伝統にんにく卵黄」のレビューです

 

トップページへ戻る⇒にんにく卵黄NAVI