にんにく卵黄は不眠や目覚めにお悩みの方に睡眠の質を上げる食品

不眠や目覚めににんにく卵黄
「不眠で寝つけない」、「朝の目覚めが悪い」、などの睡眠についてお悩みの方は、にんにく卵黄がおすすめです。

 

ここでは、にんにく卵黄がなぜ睡眠に効果的なのか、また、睡眠のメカニズムについて解説しています。

 

睡眠のメカニズムを理解しよう

まず、どうして眠れないのか、どうして目覚めが悪く寝起きがだるいかなど、睡眠のメカニズムを簡単に知りましょう。

 

レム睡眠とノンレム睡眠が睡眠の質を決める

睡眠にはレム睡眠とノンレム睡眠の2種類があります。一度でも聞いたことがあるという方が多いかもしれませんが、このレム睡眠とノンレム睡眠のバランスが睡眠の質では重要です。

 

レム睡眠とは?

レム睡眠時は眠りは浅く、夢を見ていることが多いです。体を休める時間でもありますが、脳は活動している状態なので、記憶を整理していると考えられています。

 

ノンレム睡眠とは?

ノンレム睡眠時は眠りは深く、脳を休ませている状態です。レム睡眠とは逆に体が起きていて脳は寝ている状態なので、筋肉に力が入りやすく、寝返りをうちやすいと考えられています。

 

レム睡眠とノンレム睡眠を交互に繰り返す

2種類のレム睡眠とノンレム睡眠を交互に繰り返すことで、浅い眠りと深い眠りで脳と体を休め、疲労回復することで睡眠の質が良くなります。熟睡するにはどちらもバランスよく繰り返すようにしなければなりません。

 

睡眠中枢と覚醒中枢のバランスが大切

脳の神経細胞が集まっている中枢神経には、寝ているときの睡眠中枢と、起きているときの覚醒中枢があり、お互いにシーソーのような相互関係にあります。

 

睡眠中枢は覚醒中枢を抑えることで睡眠を引き起こし、逆に覚醒中枢は睡眠中枢を抑えることで覚醒(起きている状態)を引き起こします。

 

このようにシーソーのように交互に活動することで、寝る→起きる→寝る→起きる、と繰り返します。

 

不眠はこの睡眠中枢と覚醒中枢のバランスが崩れ、交感神経と副交感神経が不安定になったことで、自律神経が乱れたことが原因です。

 

自分はどんな「不眠」タイプが理解しよう

自分がなぜ眠れないのか、不眠のタイプを知りましょう。

 

なかなか寝つけない

ベッドや布団に入って目をつぶっても、なかなか寝つくことができない。このような不眠は入眠障害といって、よくある眠れないというタイプです。

 

夜中に何度も目が覚める

眠りが浅く、夜中に何度も目覚めてしまう。このようなタイプは中途覚醒といって、高齢者になるほど多くなります。

 

目覚めが悪く寝た気がしない

時間的にしっかりと寝れたはずなのに疲れが残っていたり、満足のいく寝起きではないタイプは熟眠障害といって、寝ている最中の体の状態が悪い場合があります。

 

朝早く目覚めてしまい、そこから眠れない

朝早く起きてしまい、まだまだ起床まで時間があるので寝ようとしても寝れないタイプは、早朝覚醒といって、高齢者やうつ病のかたに多くなる傾向があります。

 

眠れない原因

なぜ眠れないのか、今自分がどのような原因があるのかを知りましょう。

 

心理的ストレス

不安なことや心配なことがあると眠れなくなります。

 

身体的ストレス

体の状態がケガや病気で悪いことで眠れなくなります。

 

生活習慣

運動不足、寝る時間がバラバラ、昼寝のし過ぎなど、生活習慣が悪いことで眠れなくなります。

 

食べ物や薬による影響

寝る前にコーヒーやカフェインを飲んだ、タバコやアルコールを摂取した、薬の副作用などで、眠れなくなります。

 

眠れないというプレッシャー

不眠が続いたことでそれがプレッシャーとなり、眠れないことがストレスとなってしまう場合があります。

 

睡眠呼吸障害

寝ている途中で呼吸が止まってしまう睡眠時無呼吸症候群にかかっていると、眠りが浅かったりします。

 

不眠は体に悪影響をもたらす

なかなか眠れない日が続くと、体の不調を引き起こしやすくなります。不眠によって頭痛や疲労、倦怠感やイライラ、腰痛や体重減少などの症状が現れると危険信号です。

 

さらにどんどんと免疫機能が低下するため、風邪や感染症にかかりやすくなり、また下記の重い病気につながる場合もあります。

 

  • 不眠は高血圧や糖尿病の発症リスクが高くなる
  • 不眠症からうつ病を発症するリスクが高くなる
  • 心筋梗塞や脳卒中を発症するリスクを高める

 

このような命につながる重大な病気にもなりかねないため、不眠をほうっておくのはよくありません。

 

睡眠の質を上げる方法

睡眠の質を上げる方法をご紹介します。

 

毎日一定の時間に就寝し目覚める

毎日決まった時間に布団に入り、決まった時間に起きるというクセをつけることで、体にリズムをつけさせます。

 

休みだからといって長く寝ているのではなく、体内時計を狂わせないように心がけます。

 

適度な運動で体を疲れさせ眠りに入りやすくする

体を運動で疲れさすことで、眠気を誘いやすくなります。過剰な運動は逆効果になりかねないので注意しますが、適度な運動は効果的です。

 

入浴で深部体温を上げる

シャワーだけではなく、40度程度の浴槽に浸かり、体の芯まで温めます。すると1時間から2時間後には体の体温が下がり始め、それとともに眠気もでてきます。

 

にんにく卵黄が睡眠をサポートする

睡眠の質を上げようとしても、仕事などで起床の時間がずれたりする方もいると思います。そんなときはにんにく卵黄で睡眠をサポートするのがおすすめです。

 

疲労回復効果で寝つきや目覚めを良くする

にんにく卵黄の原料のにんにくと卵黄には様々な効果があり、アリシンとビタミンB1が結合して生成されたアリチアミンには、長時間血液にとどまるので、そのあいだ疲労回復効果となり、疲れを残さないで目覚めることができます。

 

関連記事:疲れ、だるさに効果のあるにんにく卵黄

精神を安定させてストレスを緩和する

アリシンとビタミンEが結合して生成された脂質アリシンには、血流を良くする効果がありますが、不眠によって感じるストレスに働きかけ、精神を安定する作用があります。

 

 

にんにく卵黄は睡眠薬や睡眠導入剤としては使わないこと!

にんにく卵黄はあくまで食品ですから、薬のように効き目がすぐにでることはありません。

 

しかし、薬は飲み続けると耐性ができたり、飲むのを止めては元通りになってしまったりと、薬にもデメリットがあります。

 

にんにく卵黄は薬ではなく、不眠を体質から改善するためのサポートとして使うことで、飲み続けていくうちに実感できるでしょう。

 

まとめ

なかなか寝つけない、目覚めが悪いという睡眠に悩みの方は、まずはなるべくいい睡眠ができる環境にすることで、そのサポートとしてにんにく卵黄を飲みましょう。

 

不眠症は慢性化すると万病のもとにもなるので、なるべくやはめに治すことが大切です。

 

管理人おすすめの「健康家族の伝統にんにく卵黄+アマニ」のレビューです

 

商品選びに迷っている方は「健康家族 伝統にんにく卵黄+アマニ」

健康家族の伝統にんにく卵黄のまとめ

にんにく卵黄を飲み始めるなら、14年連続にんにく健康食品の日本一を獲得する「健康家族 伝統にんにく卵黄+アマニ」がオススメ!実際に私も数年間飲んでいるにんにく卵黄です。

 

  • 1袋が1,382円とお試し価格で安いのにコスパが良い!
  • 通常購入、定期コースともに送料無料!
  • 定期コースはさらに10%〜25%の割引価格になる!
  • よくある「○ヶ月続けなければ解約できない」という条件もなし!
  • 会員サイトから簡単に定期コースを解約できる!

 

健康家族 伝統にんにく卵黄+アマニ」は、多くの方が高評価をした商品で、少なくとも実感する方が多く、選んで損や失敗をすることはありません。

 

どのにんにく卵黄を選べばいいのかを迷っている方は、「健康家族 伝統にんにく卵黄+アマニ」を選びましょう!

 

健康家族の伝統にんにく卵黄の公式サイトはこちらをクリック

 

トップページへ戻る⇒にんにく卵黄NAVI

 

関連記事

疲れにはにんにく卵黄

にんにく卵黄は日々の疲れ、だるさに効果的な滋養強壮食品です。忙しい現代人にとって...

ダイエットににんにく卵黄

にんにく卵黄は滋養強壮食としてのイメージが強く、イキイキした生活を望む方が飲む食...

精力増強ににんにく卵黄

にんにく卵黄は精力増強を目的として摂取してもおすすめです。といってもよくある精力...

血圧改善ににんにく卵黄

にんにく卵黄は高血圧や低血圧など、どちらにも血圧の数値を安定させる効果を期待でき...

にんにく卵黄が美容にも効果的!?

にんにく卵黄は滋養強壮にいいとされる食品ですが、美容に対しても効果があり、肌質の...

目の下のたるみ、ほうれい線ににんにく卵黄

目の下のたるみや、ほうれい線が気になるようになってくる方は、年齢を重ねるにつれて...

にんにく卵黄で糖尿病を予防

にんにく卵黄には、糖尿病の予防として最適な栄養素が含まれるため、血糖値が気になる...

冷え性の改善ににんにく卵黄

にんにく卵黄には、体を温めるためのにんにく成分と、栄養価が高く活力を生み出しやす...

肝機能を高めるにんにく卵黄

にんにく卵黄は肝臓の働きをサポートし、肝機能の強化や、肝臓障害の予防に効果のある...

がん予防ににんにく卵黄

にんにく卵黄がガン予防や抑制をする効果があるのではないか?と疑問に思われる方がい...

自律神経、うつ病、パニック障害ににんにく卵黄

にんにく卵黄は、自律神経失調症やうつ病、パニック障害など、心の病に代表される症状...

風邪、インフルエンザの予防ににんにく卵黄

にんにく卵黄は風邪やインフルエンザの予防、免疫力の向上に効果があります。体調管理...

不妊に働きかけるにんにく卵黄

にんにく卵黄といえば、滋養強壮などの健康食品として認知されていますが、にんにく卵...

ボケ防止に効果のあるにんにく卵黄

「玄関に置いたはずの鍵がない!」、「ポケットに入れたはずの携帯電話がない!」、「...

生理不順に効果のあるにんにく卵黄

「生理がなかなかこない…」、「生理サイクルが短すぎる」、「痛みがひどくなった」な...

神経痛に効果のあるにんにく卵黄

「肩が痛い」、「腰がチクチクする」という痛みが長く続いていませんか?肩こりや腰痛...

毛孔性苔癬に効果のあるにんにく卵黄

にんにく卵黄は滋養食品としてのイメージが強いですが、他にも様々な効能があります。...