にんにく卵黄はボケ防止や認知症(痴呆)の予防として効果が期待できる

ボケ防止に効果のあるにんにく卵黄
「玄関に置いたはずの鍵がない!」、「ポケットに入れたはずの携帯電話がない!」、「スーパーで何を買うか忘れてしまった!」という経験はありませんか?

 

たまに物忘れしてしまうことはあっても、すぐに思い出せたのは随分と昔のこと、なんて人は物忘れが進行している可能性があります。記憶力の低下は脳の衰えの一つです。

 

放っておけば、ボケがすすみ、認知症(痴呆症)になる可能性も高くなります。そんなときにおすすめの食品として紹介したいのが「にんにく卵黄」。

 

そんな食品で効果があるのかと思う方もいるでしょうが、ここでは、なぜにんにく卵黄が物忘れなどにいいのか、含まれる成分とともに解説をしています。

脳は年齢とともに衰えていく

加齢による物忘れと認知症による物忘れは違う

物忘れと認知症は違うことをご存じですか?ここではよく間違われがちな、物忘れと認知症の違いについて解説しています。(※ちなみに「痴呆」は現在は使わなくなり、「認知症」として改められています)

 

加齢による物忘れ

加齢による物忘れというと、たとえば「鍵をかけるのを忘れてしまった!」や、「なにを買えばいいのかを忘れてしまった!」など、自分本人が忘れたことを自覚しているということが特徴です。

 

食べたメニューの一部を忘れる、ちょっとしたヒントがあればドラマの結末を思い出すなど、日常生活に支障がない範囲内が、加齢による物忘れです。

 

認知症による物忘れ

上述した加齢による物忘れは、自分本人が自覚をしていることが特徴ですが、認知症はその自覚すらありません。つまり、そもそも鍵をかけるという概念がない、なぜ自分が買い物をしているのかさえわからない、などです。

 

食べたことさえ忘れる、すぐわかるようなヒントでさえ思い出せないなど、日常生活に支障があるほどの物忘れは、認知症の症状が当てはまります。

 

65歳以上の5人に1人が認知症になる

この高齢化社会、認知症の患者数は、65歳以上の高齢者で2012年時点では462万人と、7人に1人の割合でしたが、2025年には役700万人となり、5人に1人は認知症患者になると見込まれています。

 

65歳以上の認知症患者数と有病率の将来推計
出典:3 高齢者の健康・福祉|平成28年版高齢社会白書(概要版) - 内閣府

 

平均寿命が延びている昨今、認知症患者は比例して増加傾向といえます。自分は大丈夫!なんて思っていても、認知症は自覚すらないのですから、とても怖いですよね。

 

認知症は主に2種類ある

認知症は大きく分けると2種類になり、「アルツハイマー型認知症」と「脳血管性認知症」となり、この2種類が8割を占めています。
認知症の主な2種類、アルツハイマー型認知症と脳血管性認知症
出典:認知症の種類について-もの忘れドック | 医療法人財団 康生会 武田病院画像診断センター

 

アルツハイマー型認知症

物忘れ程度の記憶障害から始まり、何度も同じことを言う、時間や場所がわからなくなる、末期になると家族の名前や顔がわからなくなり、会話もできなくなってしまいます。

 

円グラフをみると、認知症の6割はアルツハイマー病となっており、言葉自体は聞いたことがある方が多いと思いますが、医療が発達した現代でさえ、原因がハッキリしていません。

 

アルツハイマー型認知症の特徴は、脳の神経細胞が減少し、脳が小さくなる、老人斑(ろうじんはん)というシミが広がるなどの変化があります。

 

脳血管性認知症

脳血管性認知症は、アルツハイマー病と違い、原因がはっきりしているのが特徴です。

 

たとえば高血圧や高脂血症からくる動脈硬化によって、脳梗塞や脳出血が起きてしまうと、脳が部分的に機能を停止し、認知症になってしまうというもの。

 

つまり、なにかの病気が原因となり、二次的に発生してしまうのが、脳血管性認知症です。予防するためには、食生活や生活習慣を見直し、血液をドロドロにさせないなどの改善が必要です。

 

にんにく卵黄のボケ防止や認知症の抑制効果について

ここまで認知症について解説してきましたが、それでは冒頭に言ったように、なぜ、にんにく卵黄がおすすめなのか、含まれている成分の働きなどをみてみましょう。

 

アリチアミンが脳を正常にする

アリチアミンとは、にんにくの主成分であるアリシンと、にんにくと卵黄のともに含まれるビタミンB1が結合した化合物です。

 

私たちが食べた糖質をエネルギーに変える代謝をするという、大事な作用がありますが、脳の神経組織を安定させ維持をします。

 

これによって、情報伝達物質の働きがよくなり、頭の回転がよくなる。結果的に物忘れや、認知症の抑制となるのです。

 

関連記事:にんにくの主な成分 | 効果や効能などを解説

 

アセチルコリンで物忘れをなくす

脳は加齢によって老化すると解説しましたが、その脳の老化のカギをにぎっているのが、アセチルコリンといわれる伝達物質です。

 

アセチルコリンは、記憶や情報を伝えるための脳の伝達物質のなかでも、最も重要であり、加齢はこのアセチルコリンの量を減らしてしまいます。

 

すると記憶力がなくなり、物忘れが増えてしまうというわけです。にんにく卵黄には、このアセチルコリンの量を増やすための材料となる、卵黄の主成分のコリンがたっぷりと含まれています。

 

コリンはレシチンという成分を構成するリン脂質の一つで、これが不足することで記憶力の低下や、集中力がなくなり、いらいらすることが増えるため、脳の健康にはかかせないのです。

 

このような成分は卵黄に多く含まれ、脳細胞の破壊を抑えれくれるので、結果的に認知症の予防効果へとつながります。

 

関連記事:卵黄の主な成分 | 栄養価や効果、コレステロールなどについて解説

 

認知症の介護は家族の負担が大きすぎる

家族の誰が介護するのか

認知症というと本人だけの問題ではなく、最終的には家族の介護が必要となり、大きな負担となってしまいがちです。

 

家族の負担として、まず一番に考えるのが、誰が介護をするのかということです。実の子供なんだからやってくれる、あいつは独身だからやってくれる、長男の嫁ならなんとかしてくれる、なんて考えは絶対にいけません。

 

このような押し付けは古い時代の考えであり、しっかりと家族間で話し合う必要があります。終わりのない状態を感じやすく、精神的、肉体的にも追い詰められてしまうのが、認知症の介護です。

 

介護による金銭的な問題

認知症患者を介護する家族の方にも、仕事や生活があります。そのうえで介護サービスを利用することもあるでしょう。

 

しかし、いつまで続くかわからない介護、どれだけの費用がかかるかなんて検討がつきません。そのうえで金銭的な問題もつきまとうものです。

 

さらに予測のつかない出費もかかることが少なくなく、頭を悩ませてしまう問題でもあります。

 

近所迷惑になる可能性

認知症患者のなかには、近所迷惑になる行為をしてしまう可能性があります。うるさくしてしまって隣人トラブルになってしまうということは、多々ある話です。

 

このような近所迷惑は、周りに住む方の精神的な苦痛になってしまうこともあり、さらには家族にとってもより負担となってしまいます。

 

これからのためににんにく卵黄を飲み始めよう

私は今の段階では別に平気だし、仕事もバリバリしているから気にしていない、なんて思っている方は要注意です。

 

たとえばよくある認知症のケースとして、仕事を頑張ってきた方ほど、退職や引退をしたとたん、脳を使わなくなったことで急激に物忘れがひどくなる場合があります。

 

脳は使わなければどんどんと老化していきます。そうならないためにもにんにく卵黄を飲み始めてみるのもいいかもしれません。

 

たとえば夫婦でお互いに飲むなど、後々の家族にもボケて迷惑をかけないことは、よりよく生きるためのすべだとも思います。

 

まとめ

にんにく卵黄を飲んでいれば、絶対に効果が期待できるものではありません。ただし、脳にとっていい成分が豊富に含まれているのはたしかです。

 

健康的な脳をもつことは、認知症にならないためにも必要なことです。あなたのこれからのために、そして、だんだんと物忘れがひどくなっているあなたに、にんにく卵黄で脳を活性化し、健康をつくっていきませんか?

 

管理人おすすめの「健康家族の伝統にんにく卵黄+アマニ」のレビューです

 

商品選びに迷っている方は「健康家族 伝統にんにく卵黄+アマニ」

健康家族の伝統にんにく卵黄のまとめ

にんにく卵黄を飲み始めるなら、14年連続にんにく健康食品の日本一を獲得する「健康家族 伝統にんにく卵黄+アマニ」がオススメ!実際に私も数年間飲んでいるにんにく卵黄です。

 

  • 1袋が1,382円とお試し価格で安いのにコスパが良い!
  • 通常購入、定期コースともに送料無料!
  • 定期コースはさらに10%〜25%の割引価格になる!
  • よくある「○ヶ月続けなければ解約できない」という条件もなし!
  • 会員サイトから簡単に定期コースを解約できる!

 

健康家族 伝統にんにく卵黄+アマニ」は、多くの方が高評価をした商品で、少なくとも実感する方が多く、選んで損や失敗をすることはありません。

 

どのにんにく卵黄を選べばいいのかを迷っている方は、「健康家族 伝統にんにく卵黄+アマニ」を選びましょう!

 

健康家族の伝統にんにく卵黄の公式サイトはこちらをクリック

 

トップページへ戻る⇒にんにく卵黄NAVI

 

関連記事

疲れにはにんにく卵黄

にんにく卵黄は日々の疲れ、だるさに効果的な滋養強壮食品です。忙しい現代人にとって...

ダイエットににんにく卵黄

にんにく卵黄は滋養強壮食としてのイメージが強く、イキイキした生活を望む方が飲む食...

精力増強ににんにく卵黄

にんにく卵黄は精力増強を目的として摂取してもおすすめです。といってもよくある精力...

血圧改善ににんにく卵黄

にんにく卵黄は高血圧や低血圧など、どちらにも血圧の数値を安定させる効果を期待でき...

にんにく卵黄が美容にも効果的!?

にんにく卵黄は滋養強壮にいいとされる食品ですが、美容に対しても効果があり、肌質の...

目の下のたるみ、ほうれい線ににんにく卵黄

目の下のたるみや、ほうれい線が気になるようになってくる方は、年齢を重ねるにつれて...

にんにく卵黄で糖尿病を予防

にんにく卵黄には、糖尿病の予防として最適な栄養素が含まれるため、血糖値が気になる...

冷え性の改善ににんにく卵黄

にんにく卵黄には、体を温めるためのにんにく成分と、栄養価が高く活力を生み出しやす...

肝機能を高めるにんにく卵黄

にんにく卵黄は肝臓の働きをサポートし、肝機能の強化や、肝臓障害の予防に効果のある...

がん予防ににんにく卵黄

にんにく卵黄がガン予防や抑制をする効果があるのではないか?と疑問に思われる方がい...

自律神経、うつ病、パニック障害ににんにく卵黄

にんにく卵黄は、自律神経失調症やうつ病、パニック障害など、心の病に代表される症状...

風邪、インフルエンザの予防ににんにく卵黄

にんにく卵黄は風邪やインフルエンザの予防、免疫力の向上に効果があります。体調管理...

不眠や目覚めににんにく卵黄

「不眠で寝つけない」、「朝の目覚めが悪い」、などの睡眠についてお悩みの方は、にん...

不妊に働きかけるにんにく卵黄

にんにく卵黄といえば、滋養強壮などの健康食品として認知されていますが、にんにく卵...

生理不順に効果のあるにんにく卵黄

「生理がなかなかこない…」、「生理サイクルが短すぎる」、「痛みがひどくなった」な...

神経痛に効果のあるにんにく卵黄

「肩が痛い」、「腰がチクチクする」という痛みが長く続いていませんか?肩こりや腰痛...

毛孔性苔癬に効果のあるにんにく卵黄

にんにく卵黄は滋養食品としてのイメージが強いですが、他にも様々な効能があります。...